神奈川県獣医師会

会長のあいさつ

神奈川県獣医師会会長神奈川県獣医師会は、横浜市と川崎市を除く県下全域を対象に、約700余名の獣医師が会員として所属しています。昭和2年に設立された本会は、昭和24年4月に社団法人となり、64年の時を経て、本日、平成25年4月1日に公益社団法人としての新たな一歩を踏み出しました。
設立以来、本会は会員の獣医学術の向上に努めると共に事業や活動を通してその技術と専門知識を社会に還元して参りました。私たち獣医師に対する社会の目は、犬猫等伴侶動物を診療する「街の犬猫のお医者さん」のイメージが定着しているかと思います。
しかし、動物が人の社会に果たす役割は多岐にわたっているにもかかわらず、それぞれの分野での獣医師の役割については意外に知られておりません。公益社団法人としての今後の課題でもあります。

本会に所属する会員の職域は、牛、豚及び鶏等産業動物の日常の健康管理・指導や診療に携わる獣医師、そして、家畜保健衛生所、保健福祉事務所(又は保健所)、食肉衛生検査所、動物保護センター、自然環境保護センターなど県や政令市に勤務する公務員獣医師、農業共済に勤務する獣医師など広範です。
これらの獣医師は、家畜保健衛生所では家畜の保健衛生や家畜伝染病予防事業等、保健福祉事務所では食の安全・安心のための監視指導や狂犬病予防業務、食肉衛生検査所では食肉の衛生検査、動物保護センターでは動物愛護や動物由来感染症対策等、自然環境保護センターでは野生鳥獣の保護事業に携わっています。神奈川県には全国的にも数少ない獣医学科を擁する麻布大学と日本大学があり、研究者あるいは獣医師を目指す学生の教育者としての会員も数多く所属しています。

会員は、このように広い領域で仕事を通じて社会貢献するだけでなく、行政や他団体と連携、協力し、野生傷病鳥獣の保護活動、県下の学校飼育動物等の飼育・管理指導、動物福祉・愛護の啓発活動等を積極的に行う一方、盲導犬・聴導犬・介助犬等の補助犬を必要とする方々が安心して生活ができるよう補助犬の健康管理等の支援も行っています。
また、組織された専門家集団である本会の重要な役割として、行政等関係機関と連携した危機管理への備えがあります。東日本大震災では、被災した動物の救護や保護の体制をいち早く設置し、積極的に救護活動を行いました。今後、県内で大きな災害が発生した場合や狂犬病のように人命に関わる感染症が発生した場合を想定したマニュアル作りも喫緊の課題となっています。

私たち神奈川県獣医師会会員は、伴侶動物、家畜、野生動物、乳・畜産品、公衆衛生等人の生活に不可欠なあらゆる分野でのニーズに的確に対応できるよう常日頃から開かれた学術講習会やセミナーを開催し、会員獣医師の学術の研鑚に努め、更に社会への貢献度を高めて参る所存です。これらのことは公益法人である獣医師会会員としての使命であり、また、誇りでもあると考えております。

今現在、神奈川県獣医師会に入会されていない獣医師の皆様、社会貢献する活動をご一緒にしませんか。皆様が本会に入会され、共に活動されることを願うとともに心よりお待ちしています。

一般市民の方々には、どうぞ私たち神奈川県獣医師会の活動をご理解下さるようお願い申し上げます。

平成25年4月1日
公益社団法人 神奈川県獣医師会 第12代会長 鳥海 弘